/Home - ホーム/

英輔歌集・上

英輔歌集・中

英輔歌集・下

「閂かたく」

長沢英治 短歌作品集

長沢英治の近作

Tanka poems written by Eiji Nagasawa


更新: December 26, 2004

*

★ はじめに ★

 ようやく八十歳になる。何だか待ちこがれていたようだが、そんな気分でもある。少々のへまをしても、歳のせいと許される。もはや人格が傷つけられるような恥辱などと思わずにすむ。そして、歌などは、まさにこうした心境で詠みたいものだ。

 ここ数年間に作りためた己が歌を読み直してみる。勿体ぶった歌、現役時代のあれこれを懐かしむ歌も多いが、安らかな老境に甘んじる歌も詠むようになった。

 それに、今更ながら、万葉集から始る古い名歌なども好んで鑑賞するようになった。そのほか、人口に膾炙している先人や現代歌人の作品もよく読む。それらを読むことで、何となく自分の心が満たされることに気づいた。

 そこで、この歳になってだが、これらの歌のうち、特に気に入ったものの暗唱を始めた。これが中々よい。日々、何百首の古歌、名歌を暗唱しながらの散歩となった。暗唱を続けるかぎり、忘れることはない。間もなく、歌の数も千首に達する。

 こうした日々の暗唱で、幾百もの歌語、歌枕、言い回しなどが身に染み付いてくるような気がする。自らの歌づくりにも、いささかの影響が出ているようにも思える。

                  (2015年8月2日)

*

*

人をみれば泥棒と思ふ身のさびし閂かたく門を閉ざして

ひとをみればどろぼうとおもう みのさびし かんぬきかたく かどをとざして)

*

 おれおれ詐欺などに、とかく老人がひっかかる。剣呑な世間にはかかわりたくない。かかってくる電話には、まず無愛想に応答する。ピンポーンを鳴らす訪問者にも、妻は留守と答える。大方がこれで諦める。だが、何だか侘しい。気持ちの通う言葉を使いたくもなる。

*

While feeling regret for the idea "Never trust a stranger," lock firmly the gate of my house tonight again

*

*

無愛想な生きざまにしてけふを歩むわれにつきくるはぐれ犬あり

ぶあいそな いきざまにして きょうをあゆむ われにつきくる はぐれいぬあり)

*

 無愛想が許される老年に達したようだ。当を得た挨拶、社交辞令などに気を使うこともない。今は唯我独尊が通用する。だが、暮らしに人の世話を受けることになれば、こうはいくまい。愛想笑いも、気に染まぬ従順さも見せねば。人の心を読まねばならぬ煩わしさを思う。

*

Keeping my unneighborly lifestyle, have a walk every day, and today, a stray dog appears to follow me

*

*

独り居の日々にしてけふは久々にものを言ひをり理髪店にて

ひとりいの ひびにしてきょうは ひさびさに ものをいいおり りはつてんにて)

*

 ひょっとすると一週間ほど口をきかぬことがある。久々にものを言えば、急に自分の年寄り声に気づく。使わぬと、声帯もあっという間に老いる。足腰の筋肉と同様だ。だが、まとまったもの言いをするには、話し相手が、話題が必要だ。用件の身の「あれ」「それ」では。

*

Spending days on end in living solo, today, for the first time in many days, open my mouth in the barber's chair

*

*

外つ国に夢見るごとしカフェにいま異国語つかふ身のたかぶりは

とつくにに ゆめみるごとし カフェにいま いこくごつかう みのたかぶりは)

*

 妙な感じだ。地球の反対側の異国に独りぼっち。それが、二週間も経たぬうちに、何とか日々の生活のリズムが身につく。場面、場面で使う異国語も板についてくる。非日常が日常になったのだ。心も落ち着き、肝も据わってくる。異国人の振る舞いを観察する余裕も・・。

*

Isn't it a dreamlike scene, and exciting to see myself speaking the local language at a cafe beyond the seas

*

*

大聖堂遠く見とほすカフェテラスこの国の老いら朝をやすらぐ

だいせいどう とおくみとおす カフェテラス このくにのおいら あさをやすらぐ)

*

 朝々喫茶店にたむろする高齢者。退職後に確立した日々のリズムだ。馬が合うもの同士の集いだ。現役時代のように嫌な奴と顔を合わすこともない。この風景。半世紀ほども以前にヨーロッパで見た。朝の駅のカフェに新聞を読む老人たち。それが今、その中に時分が・・。

*

At a cafetorium, where the cathedral is viewed way down the street, those pensioners in the land spend the morning safe and sound

*

*

夕食に招きし宿のフロント嬢かく音たかく鼻をかむとは

ゆうしょくに まねきしやどの フロントじょう かくおとたかく はなをかむとは)

*

 西洋人には気になるらしい。我々がスープをずるずる啜る音が。それと、日本人がやたらに鼻水を啜る音もだ。幼い頃から、忌むべき音として躾けられてきたようだ。同様に、妙齢の女性が、部屋中を震わすような大音響をたてて、鼻をかむ景に驚嘆するのが我々なのだ。

*

While taking a lady receptionist of the hotel out for dinner, hear her blow her nose with such a loud noise

*

*

かつかつと歩幅大きく追ひ越しぬブロンドの娘の香り残して

かつかつと ほはばおおきく おいこしぬ ブロンドのこの かおりのこして)

*

 スイスのバーゼルに長逗留したことがある。この国の人々は朝が早い。下宿の窓下の道に人の往来が始る。ベッドに潜り込んだまま聞くそれらの靴音。聞きなれぬ躍動的なリズムだ。西洋人の歩き方はどうも違うようだ。見れば、膝を真っ直ぐに伸ばしたまま歩いているのだ。

*

A young blond woman outpaced with big and noisy footsteps, tap-tap, leaving the scent of perfume behind

*

*

はつ夏のライン河畔のカフェにかく安らぎゐると絵葉書に書く

はつなつの ラインかはんの カフェにかく やすらぎいると えはがきにかく)

*

 いささかのホームシックなのか。故郷に便りなどするのは。それとも、お前さんらに囲まれなくても、こんなに威勢よく日々を過ごせると誇っているのか。いずれにしろ、やがては帰るのである。そこに戻る場所がある。片道切符で飛び出した身の上だったらこうはいくまい。

*

Write a postcard at a cafe beside the Rhein in early summer, telling about my easy life in this way

*

*

癌を病む妻いつときのちから得て自転車漕げりさくら咲く道

がんをやむ つまいっときの ちからえて じてんしゃこげり さくらさくみち)

*

希望は一直線には消え去らぬ。沈むものと半ば覚悟していた夕日。急に鮮やかに輝き出す。胸のうちの希望に火がつく。矢印の向きが変わった。でも、この安堵と希望は束の間のこと。何ゆえこの踏みとどまる瞬間が訪れるのか。そんな時間の持てたことに感謝すべきなのかも。

*

For a time, repairing her spirits while battling against cancer, my wife pedals a bicycle along the avenue lined with cherry trees in full blossom

*

*

*

結ばれしえにしの果ての独り居ぞつばき落ちしをけふは掃きゐる

むすばれし えにしのはての ひとりいぞ つばきおちしを きょうははきいる)

*

 心に残る多くの面影。長く生きれば、その数は増す。生涯に関わった人たちの記憶。すべて脳味噌の中にある。中には、もし遭遇していなければと、考えさせられる人もいる。行きずりの人の中にも、くっきりとした面影を残したものがいる。人の間で生きてきた己を思う。

*

This's the widower's life as a result of the match made in the past; today, he cleans the fallen clusters of Camelia

*

*

恵方巻もの言はず食ふが習ひとて戒めくるる妻のはやなし

えほうまき ものいわずくうが ならいとて いましめくるる つまのはやなし)

*

 気づかぬまま、人に不快感を与えていることがある。余程のことでなければ、誰もそれを指摘しない。幼少の頃、箸の上げ下ろしに文句を言ってくれていた親もいない。いたとしても老いては子に従えだ。だから、そこに踏み込んでくれる女房には、大いに感謝せねばならぬ。

*

There's no wife any longer who would force me keeping on the folkways to eat the year's auspicious rolled sushi without a word

*

*

床の間の益子の花器に花を挿すをみな無きまま過ぎし三年

とこのまの ましこのかきに はなをさす おみななきまま すぎしさんねん)

*

 女性は花好きだ。通り過ぎる花屋の店頭には必ず目をやる。道端に心を惹く花があれば立ち止まる。男は概して花には興味がない。だが、女性の花好きを知っているから花を贈る。そして女性が花好きであることに安堵する。世に女性がいなくなれば花も姿を消すのだろうか。

*

Three years have passed in this house without a woman who could arrange flowers in the Mashiko vase for the alcove

*

*

妻逝きて余る部屋べや念入りに掃除機かくるけふのわが業

つまゆきて あまるへやべや ねんいりに そうじきかくる きょうのわがわざ)

*

 ダウンサイジングが言われる。老後の暮らしのことだ。何れ一人になるのに、過去のがらくたを後生大事に引きずっている。手入れや掃除も欠かせない。油断するとゴミ屋敷になりかねぬ。今や、昔から言われる隠居がしたい。だが、そこに踏み出すにもエネルギーが要る。

*

After losing my wife, those rooms are left unused and my today's job is to clean them diligently

*

*

百年に一度の経済危機などと首相いひつぎ世を冷やしゆく

ひゃくねんに いちどのけいざい ききなどと しゅしょういいつぎ よをひやしゆく)

*

情報が世に溢れる。どれほどのものが日々の暮らしに必用なのか。不景気を新聞が騒いでも、三度の飯に困るほどでもない。殆どの情報は人々に空虚な共感を与えるのみのもの。ことに年寄り連中は役にも立たぬ情報を欲しがる。中途半端に仕込んだ情報で、オピニオンリーダーの物言いをする。昔々の町内のご隠居さんの図である。

*

Each time the prime minister calls today's economic downturn an event of the century, the society becomes cooler

*

*

赤貧のわが生ひ立ちを知らずして孫子らのみな健やかにあり

せきひんの わがおいたちを しらずして まごこらのみな すこやかにあり)

*

貧しい生い立ち。かつては人に知られたくない傷と考えていた。それが、どうにかこうにか人生の大方を経た今、何かにつけ、そのことを吹聴するようになる。何とかここまで来たの達成感。だが、幼い頃にもっと恵まれて育っていたらなどとも想像する。

*

My children and grandchildren are living a life safe and sound without knowing the dirt-poor background in my childhood

*

*

あまた世の鉄道好きに真夜まじり特急「富士」のラストラン待つ

あまたよの てつどうずきに まよまじり とっきゅうふじの ラストランまつ)

*

何でもそうだ。これでおしまいとなると俄かに意識が向く。無造作に口に運んでいたピーナッツも、最後の一粒にはいささかの感情が動く。これまでに毛嫌いしていた老朽車両。それが、今日でお別れとなると、急に「ありがとう」などと叫びたて、さも親しげに取り巻くのだ。

*

Joining at midnight such a number of the railway buff in this land, wait for the last travel of the express train "Fuji"

*

*

遠ざかる特急「富士」のラストランはるか昭和の尾灯見つむる

とおざかる とっきゅうふじの ラストラン はるかしょうわの びとうみつむる)

*

四歳だった。初めて電車の灯を見た。それも眩しくきらめく花電車の明り。ときは昭和十五年。紀元二千六百年の祝賀電車だ。母の背に負われ、家から一里ほどの市電終点まで出かけた。その市電が都電に。わが家を過ぎて志村橋まで延びた。そして、わが青春と共に消滅した。

*

The figure of the last express train "Fuji" is


retreating, leaving the taillight having long illuminated the Showa Period

*

*

列車いま越前越後の夜を抜けて出羽のあしたの日差し浴びをり

(れっしゃいま えちぜんえちごの よをぬけて でわのあしたの ひざしあびおり

*

ようやく寝付いた夜汽車。夜の明けきらぬうちから、旅なれた連中が動き出す。洗面所の混み合う前に、身仕舞を整えてしまうのだ。この地方の今日を始める朝日が車窓に差し込む。寝起きの悪い輩がようやく寝台から降りてくる。終着駅は近い。今は昔の夜汽車の朝の話だが。

*

Having gone over the night of Echizen and Echigo, the train now travels into the land of Dewa in the morning sun

*

*

デゴイチも一〇三系もゼロ系もわが馴染みきし昭和の車両

(デゴイチも ひゃくさんけいも ゼロけいもわがなじみきし しょうわのしゃりょう

*

独身寮は関西本線のすぐ脇にあった。しかもその線路際の部屋に新入社員らは入れられた。寝に戻るのみの寮。それに深夜は列車の往来も少ない。苦情を言う者は少なかった。百トン余の蒸気機関車が通過する時には、建物がぐらぐら揺れる。仕事の疲れで大方は熟睡している。

*

Type D-51, Type 103 and Type Zero, all were those railroad vehicles friendly to me in the Showa Era

*

*

通勤客あまた運びし一〇三系いまだ走れりジャカルタの地に

(つうきんきゃく あまたはこびし ひゃくさんけい いまだはしれり ジャカルタのちに

*

昔なじみの車両を意外な場所で見ることがある。定年で去った知己と妙な所で遭遇した気分だ。第二の人生にモ色々あろうが、のんびりと田園を走るかつての車両には誰しもが微笑む。二分間隔で都心を走らされていた頃。人生のピークだった頃の記憶を時には噛みしめながら。

*

Having carried billions of commuters for decades in Japan, the train, Type 103, still works in the land of Djakarta

*

*

さくらばな下照る道に踏み入るに独り歩むはひとり吾のみ

(さくらばな したでるみちに ふみいるに ひとりあゆむは ひとりわれのみ

*

西行の詠んだ「さびしさにたへたる人」を、何かにつけ味わわされる。だが思う。絶海の孤島に一人いるのではない。遥か彼方の冥王星に追いやられた一人でもない。どこへ出ても人がいる。うじゃうじゃいる。人がいれば安心である。人々が周囲にいてこその孤独なのである。

*

It's only me who takes a promenade alone among those enjoying walking under the canopy of the cherry blossoms

*

*

花びらをついばみ散らすヒヨの声聞きゐてすがしさくら通りは

(はなびらを ついばみちらす ひよのこえ ききいてすがし さくらどおりは)

*

そんな時がある。行きずりの並木道。小鳥の囀りが何故か心に響く時だ。親しげに語りかけてくれている。すぐさま思う。あれは彼女に違いないと。嬉しくなる。豊かな気分になる。天上した自分に関わりのある人々。それらが折にふれ時分と接触をしてくれていると思うと…。

*

It's nice to walk along the cherry lane where a flock of the bulbul sings while pecking and scattering the flowers

*

*

咲き満つるさくらの花の天蓋に垣間見る空まさをなるヘブン

さきみつる さくらのはなの てんがいに かいまみるそら まさおなるヘブン)

*

本能なのだろうか。死者の魂がそこに在ると思うのは。それらを思う時に、人は空を見上げる。星を見つめる。親しかったものの魂、懐かしい人々の魂。それらが我々を天上から見守ってくれている。そう感じる時の安堵感。いつかは時分も天空から世間を見下ろしてみたい。

*

Through the canopy of the blooming cherry blossoms, could get a glimpse of the sky, the really blue heaven

*

*

独り居の迂闊さとしも気づかざるままに隣家の花も過ぎたり

ひとりいの うかつさとしも きずかざる ままにりんかの はなもすぎたり)

*

親子二世代の世帯に、赤子の泣き声が混じる三世代に。子供たちも学齢になり、年々の庭の花見の宴の賑わう一時期が。やがて、子らは巣立ち、祖父母も逝く。物音の消えた隣家に今年も満開の桜が。

*

It's a thoughtless oversight for a widower to have spent days without noticing the cherry tree next door in full bloom

*

*

馴染みこし桜の老い木いつよりか散り敷く花の嵩の細れる

なじみこし さくらのおいき いつよりか ちりしくはなの かさのほそれる)

*

いつしか二ヶ月に一度となる。散髪がである。会社員時代には半月ほどで通ったこともある理髪店。店主との会話も、当然、昔話が多くなる。歳を取れば代謝は落ちる。爪もあまり伸びない。体の垢もあまり出ない。加齢臭さえピークを越す。

*

Our familiar cherry tree is known to be old, but since when its volume of fallen petals has become smaller?

*

*

いつよりか首相をはじめ世を仕切る人々のみなわれより若し

いつよりか しゅしょうをはじめ よをしきる ひとびとのみな われよりわかし)

*

世に出れば、先輩から指図を受ける。小言を貰う。暫くすると、後輩が出来る。当然、彼らに指示を与える。小言も言う。先輩が後輩より何かにつけ秀でていれば、この順送りはしごく穏当である。居心地もよい。引退した輩がいまだに後輩の「よいしょ」を期待する図である。

*

At some time or other, starting from the prime minister, all those guys making the world go round have become younger than me

*

*

愛国とは戦意うながしし言葉とてかたくなに老いはそれを用ゐず

あいこくとは せんいうながしし ことばとて かたくなにおいは それをもちいず)

*

「大きくなったら兵隊さんになる」と胸を張っていた幼少期。親たちもニコニコと聞いていた。敗戦後、もうそんな言葉を子は口にしない。そしていつか、「兵」とか「軍」が忌み言葉のように避けられる。長嶋が「巨人軍」と呼ぶことにさえ何だか違和感が…。

*

The old man hates to use the word, patriotism, as it reminds him of those days it was used to whip up war sentiment

*

*

自衛官なれば是非もなし愛国をさまで力みて君の語るも

じえいかん なればぜひもなし あいこくを さまでりきみて きみのかたるも)

*

人は群れる。群れることで安堵する。安堵すれば帰属意識も生まれる。群れを守ろうとする。団結が促される。「えいえいおう」と叫ぶ。団結を持続するにはエネルギーが要る。エネルギーを生むには敵が要る。敵などと思っていなかった連中を鬼畜米英と呼ばされることにも。

*

Being a Self-Defence official, you'll have no choice but to insist on "patriotism" with such a hard-line attitude

*

*

抑止力の名もて軍拡となへゐる君ら戦地に死を厭はずや

よくしりょくの なもてぐんかく となえいる きみらせんちに しをいとわずや)

*

弁が立つ奴は概ね当事者ではない。貧困の苦しさを説く評論家自身は貧乏人ではない。だが、その説得力は大したものだ。日々の暮らしに追われている当事者たち。文句を言ってる暇はない。理屈をこねる訓練も受けていない。でも、妙な旗を振る者にだけは従わぬことである。

*

You should be prepared for death in action, as you're insisting on military expansion under the veil of "deterrence"

*

*

野放図に夏をはびこるどくだみにシャベルを入るる敵意あらはに

のほうずに なつをはびこる どくだみに しゃべるをいるる てきいあらわに)

*

滅多に腹を立てぬ人がいる。そんな人を見ると羨ましく思う。自分もああなりたいと思う。歳を取れば、自ずと相応の好々爺になると思っていた。だが、一向にそんな気配がない。いまだに時々癇癪を起こす。それも今では自分自身のどじに向かって腹を立てることが多くなる。

*

Shovel the ground in the garden with open hostility towards the unruly summerly overgrowth of Doku-dami

*

*

ながらへてなほ遠からずひもじさに日々を耐へゐし疎開児の身の

ながらえて なおとおからず ひもじさに ひびをたえいし そかいじのみの)

*

終戦を挟んで一年ほど。学童集団疎開で水上温泉にいた。小学三年から四年生にかけてだ。八十歳を過ぎても、この頃の記憶は鮮明である。何かにつけ思い出すからだろう。この時の経験。自らのその後の生き方にも影響があった筈だ。その「艱難辛苦」がいまは自慢話に。

*

While leading a long life, the memory is still fresh of those days having survived as one of the starving child evacuees

*

*

精彩なきチームをひとり贔屓して身は世に疎くなほながらへり

(せいさいなき チームをひとり ひいきして みはよにうとく なおながらえり

*

小学一年の授業参観。父の日なので、子供たちが「うちのお父さんは」を発表する。当然、殆どの子が「お父さんは阪神ファンで」と始る。父は○○チームのファンだと私の子。途端に、「○○だって」と教室中に失笑が。親の贔屓が世間並みでなく、子に申し訳ないと思った。

*

Still rooting alone for the team always with lackluster performances, live a narrow-minded life as a retiree

*

*

仏壇に花絶やさざりし妻にならひけさ切り来しは四葩ふた枝

ぶつだんに はなたやさざりし つまにならい けさきりこしは よひらふたえだ)

*

代々のしきたり。守るのは容易だ。やめるにはいささかの勇気が要る。周囲の人に言えば必ずブレーキがかかる。しきたりを壊すには傍若無人さが要る。独断と偏見を押し通すことだ。では、しきたりは守られ続けるのか。時とともに、それもぐずぐず崩れてゆくのが常だ。

*

Learning the fact my wife had never failed to place flowers at the family altar, pick two twigs of the hydrangea for this morning

*

*

妻逝きて三とせの庭に紫陽花の咲き満ちてなほ雨を恋ひをり

つまゆきて みとせのにわに あじさいの さきみちてなお あめをこいをり)

*

真夏の暑さに閉口すれば、冬の寒さはまだ増しと言う。着膨れて凍てつく日々に耐える時には、夏に流す汗を懐かしく思う。雨が十日も降らねば、雨を恋しがる。人は変わらぬ日常が続くと、どこか非日常を求める気分になる。それでも「つつがなき日々」を神様に願うことも。

*

Flowers of hydrangea bloom in the garden that has lost my wife for three years still look praying for rain

*

*

九分通り世にながらへてなほ今朝は後架に検便器具を持ち込む

くぶどおり よにながらえて なおけさは こうかにけんべん きぐをもちこむ)

*

九十歳の知己が大腸癌で逝った。見つかった時は手遅れだったらしい。告げられる短い余命。その間の苦痛を思う。やはり癌は嫌だ。もう充分に生きたとは言え、死ぬならぽっくりと済ましたい。老衰で枯れるようにだ。そううまく行くまいが。億劫だが、定期健診は受けねば。

*

Although finishing almost ninety percent my expected life in the society, still go to the rest room this morning for a stool test

*

*

若き日の石灰沈着なほ残す肺の写真を今年も撮らる

わかきひの せっかいちんちゃく なおのこす はいのしゃしんを ことしもとらる)

*

年寄りは誰しも五体のどこかに古傷を持つ。幼少の頃の火傷、自転車と衝突した時の裂傷の跡など。医療技術の進歩した今である。それらの多くは傷跡を残すほどの事故ではなかっただろう。大方は新品同様に修復されていた筈。やがては心にも傷跡を残さぬような医療技術も。

*

This year again, take a chest X-ray that still shows the old calcification in my younger days

*

*

プラトンを語り倦みたる茶房より若きら見入る夜の渋谷駅

プラトンを かたりうみたる さぼうより わかきらみいる よのしぶやえき)

*

小理屈をこねまわすことに快感を覚え出す年頃。夜更けまで語り合った仲間たちが懐かしい。実社会に入ると、そんな小面倒臭い議論の相手になるものはない。何だか、日ごとに自分が薄っぺらになっていく気分だ。そしていつの間にか、書生っぽい物言いを馬鹿にする身に。

*

Getting tired of talking about Plato at a cafe, the young lads are looking at the nocturnal Shibuya Station

*

*

幾本も北を目指して列車過ぐ鶯谷にきみ待ちをれば

いくほんも きたをめざして れっしゃすぐ うぐいすだにに きみまちおれば)

*

通過する列車を飽かずに見ていた幼い日々。いまだに、その性癖が身についてる。遠い町々を目指すもの、それらから戻ってくる少々疲れたように見える車両。都会はもう春というのに、雪を被った貨物車や夜汽車のご帰還に遭遇すれば、その日一日、何だか得をした気分に…。

*

While waiting for you on the platform of Uguisudani, have sent off already several trains traveling to the north

*

*

ゆふぐれの一関駅きみ生れし町へと支線の延びて霞めり

ゆうぐれの いちのせきえき きみあれし まちへとしせん のびてかすめり)

*

津々浦々に張り巡らされた鉄道網。それを通じて、戦時中には兵士が、戦後には、金の卵と囃された多くの少年少女が集められた。時代が移り、今は立派な道路が津々浦々に届いている。なおひっそりと、運転を続けるローカル線。過疎の村々へ、山野を巡って走り続けている。

*

The Ichinoseki Station is now at dusk, where a branch line extends into a fog heading for the town you were born

*

*

国際列車ひとつまた着きわが知らぬ言葉を聞けりバーゼル駅に

こくさいれっしゃ ひとつまたつき わがしらぬ ことばをきけり バーゼルえきに)

*

「停車場の人ごみの中にそを聞きにゆく」と啄木が。日本の上野駅などと違って、欧州の大都市の中央駅には、周囲の国々からの列車が着く。列車から降りてくるもの、ホームで出迎えるもの。映画に見るようなシーンがそこここに展開する。駅は人生のドラマの舞台装置だ。

*

As the next Trans-Europe Express has arrived, another language unknown to me is talked at the Basel Station

*

*

ヒッピーとなりし心地に真夜ねむる朝の汽車待つベルンの駅に

ヒッピーと なりしここちに まよねむる あさのきしゃまつ ベルンのえきに)

*

着の身着のままで夜を明かす。生涯の内に、そうしばしばは起きない。駅のベンチや空港のロビーでの夜明かし。滅多にないことだけに、記憶は鮮明である。パジャマに着替え、夜具にくるまれて休む幾万の夜とは違う。だが、そんな野営を余儀なくされる日が来るとしたら。

*

WWith a feeling that a hippie occupied my body, sleep on a bench at the Bern Station waiting for the early bird next morning

*

*

熔接の火花の散ればよみがへるアンナカレーニナの最後の場面

ようせつの ひばなのちれば よみがえる アンナカレーニナの さいごのばめん)

*

ふとしたことから連想が始る。いつも決まった順番で進む。大学受験と聞けば、不合格通知の電報を。家族と顔を合わせるのが嫌で、銭湯に出かけたこと。町へ出て映画を見たこと。その印象的なラストシーン。いつでも、この一連だ。横道にそれないラジオ体操をするようだ。

*

The flying sparks from a welding operation remind me of the drop scene of the old film "Anna Karenina"

*

*

なに意図のありてや庭のくまぐまにゆり咲き出づるけふ原爆忌

なにいとの ありてやにわの くまぐまに ゆりさきいづる きょうげんばくき)

*

庭の白椿。今年は何故か殆ど咲かない。例年の今頃は、辺りを賑々しく明るくするのに。何か格別な年なのか。何か起こる兆しなのか。掃き寄せて、重量感のある大量の落ち椿をごみ袋に詰める愉悦も味わえぬ。まあいい。咲かぬには理由があろう。今日は大安、しかも満月だ。

*

What does it imply? There are lilies blooming all over in the garden, while it's Hiroshima Memorial Day today

*

*

疎開児の列なし歩む道の辺に黒ゆり群れて遠きちちはは

そかいじの れつなしあゆむ みちのべに くろゆりむれて とおきちちはは)

*

小学三年生の八歳だ。集団疎開で群馬県の温泉旅館に送られた。着いて暫くは、親から離された心細さに、ピーピー泣いている子が大勢いた。宿での勉強。利根川の川原での体操。食事のひもじさ。戦争が終わり、九歳の秋に帰京するまで。切れ切れの記憶が、折にふれ、蘇る。

*

At a great distance from their mothers and fathers, the child evacuees walk in a row along the mountain path with blooming black lilies

*

*

疎開児らもはや軍歌は唄はずに山百合の咲く道を抜け来る

そかいじら もはやぐんかは うたわずに やまゆりのさく みちをぬけくる)

*

教員たちは、いち早く、そんな指示を受けたのだろうか。終戦の翌日から、軍歌は歌わされなかった。突然の変化だ。小学四年ながら、敗戦のもたらすものの始まりを感じた。だが、先生らの変わり身の早さに呆れはしなかった。それに、軍歌がどうのなどより、空腹の方が…

*

Without singing an army song anymore, the child evacuees are coming through the mountain trail with blooming bush lilies

*

*

無人駅けふ着く列車はもはや無しともしび暗き笹百合の影

むじんえき きょうつくれっしゃは もはやなし ともしびくらき ささゆりのかげ)

*

まだ宵の口である。本日の最終列車が無人駅を出てゆく。不意に世間が遠ざかってゆく感じがする。訪れる人もなくなった独居老人の家が思われる。どの部屋の明りも灯っていない。この家にも、あの駅にも隆盛の一時期があったのだ。しかも、そんなに昔々のことではない。

*

Having no more arriving train today, the lighting of the ghost station poorly illuminates those nearby bamboo lilies

*

*

電化区間ここまで延びて文明の及ぶ辺りに咲けり笹百合

でんかくかん ここまでのびて ぶんめいの およぶあたりに さけりささゆり)

*

ローカル線の小さな駅。そこから峠をいくつも越した先に妻の実家がある。初めて訪ねた数十年前。駅前を少し外れると、もう砂利道。田舎のバスはがたがた揺れた。それが、暫くすると、実家の辺りは勿論、更に深く山野に入っても続く舗装道路。確かに文明は及んでいるが。

*

As the electrified section has extended to this station, those bamboo lilies now bloom within reach of civilization

*

*

一万歩あゆむ日課の道すがら鶴亀算をけふはこころむ

いちまんぽ あゆむにっかの みちすがら つるかめざんを きょうはこころむ)

*

一人歩きをする時、人は考える。歩きなれた道では、周囲の景も思考の邪魔はしない。日に二時間の散歩は脚も鍛えるが脳も活性化する。この二時間で五百首ほどの名歌が、芭蕉の「奥の細道」が、歴史上の有名な演説が暗唱できる。日替わりで脳味噌の虫干しをしている散歩。

*

During those ten thousand steps in my daily walking, try to solve a math problem in my head today

*

*

意中の人みなあるらしくさらさらと投票ブースに絶えぬ筆音

いちゅうのひと みなあるらしく さらさらと とうひょうブースに たえぬふでおと)

*

「始めっ!」の声。周囲から一斉に鉛筆を走らす音が。いくたびも経験した試験会場の雰囲気だ。鉛筆を握ったまま、白い答案用紙を眺めていれば、世の中が自分を残して、走り去ってゆく気がする。何とかせねばと焦る。だが、今にして思えば、それほどの大事ではなかった。

*

It looks every voter has already someone in mind, the constant sound of their driving a pen comes from the polling booths

*

*

いつになく人ら混み合ふ投票所いづるに秋の風のあたらし

いつになく ひとらこみあう とうひょうじょ いずるにあきの かぜのあたらし)

*

いつもと違う。こんなに投票所が混雑するのは。そして思う。これは良い兆しだと。いつもは選挙に無関心な人々が動いた。今晩の開票速報が楽しみになる。帰路の歩みは軽く、吹く風も心地よい。望み通りの結果を予想させる兆し。そんなものに出っ会すことは滅多にない。

*

Leaving behind the polling station unusually bristled with voters, feel a breath of fresh autumn air

*

*

わが答すでに知るがに調査員は明かき出口に待ち構へをり

わがこたえ すでにしるがに ちょうさいんは あかきでぐちに まちかまえをり)

*

選挙の出口調査の場合はどうか。マスコミが人にマイクを向ける時、期待する返答がある。意外な反応やシナリオに沿わぬ答には冷たい。すぐに別の人にマイクを移す。街頭インタビューに限ったことではない。問いかける時に、人はある答を期待する。頭には求める正解が。

*

A polltaker ambushes at the exit for me as if he knew already my answer, whose name had been on my ballot

*

*

投票を終へしたかぶりはや消えてわが日曜の日課追ひゐる

とうひょうを おえしたかぶり はやきえて わがにちようの にっかおいいる)

*

非日常のイベント。終えて日常のリズムに戻る。その折に感じる安堵感。温泉や名所旧跡を巡る旅から戻って、「やはり我家が一番」と発するあの第一声だ。凡人には根っことなる日々のリズムだ。敢えて、「根無し草」の境遇を求め続けた西行、芭蕉、牧水らの心が思われる。

*

Excitement of going to the polls has settled down and the daily routines on Sunday come back to me

*

*

わが一票かく働きてこころ足る鉦叩あまた夜を鳴きつぐ

(わがいっぴょう かくはたらきて こころたる かねたたきあまた よるをなきつぐ

*

わが意を得たり。こんな感慨に浸ることは稀である。多数派の意見とは異なることが常だ。根っからの天の邪鬼などではない。確固たる信念によるものでもない。群れることが何となく恥ずかしいのである。少数派に混じることの安堵感。体制批判。否、身についた僻み根性だ。

*

Getting satisfaction from my ballot that worked well, hear many autumn insects sing around my house all the night through

*

*

野党けふは完膚なきまでに勝てよとて夜をこめて聞く開票速報

やとうきょうは かんぷなきまでに かてよとて よをこめてきく かいひょうそくほう)

*

万年野党と言われていた。それが何かの弾みで大勝。政権につく。そしてまさに「邯鄲の夢」を人々に味わわせた。万年与党が返り咲いて数年。もはや「何かの弾み」の起こりそうな気配もない。滅多に優勝しない野球の贔屓チームとの腐れ縁の如く、また一票を献上するのだ。

*

Beat those ruling party candidates at all points! Listen to the running returns on the radio till all hours of the night

*

*

惨敗の与党幹部らがもの言へりなほ賢しげに身をつくろひて

ざんぱいの よとうかんぶらが ものいえり なおさかしげに みをつくろいて)

*

勝って兜の緒を締めよ。敗軍の将は兵を語らず。中々出来ないことである。ことに政治家たちには。仲間や支持者らの思いも汲まねばならぬ。そんなしがらみのない我々。格好よく、潔く振舞える筈が、凡夫の極み、ついつい御託を言う。見苦しいことをといつも後悔するが。

*

Suffering a crucial setback, the leaders of the ruling parties still talk arrogantly with a wise look

*

*

また同じことをとなじる目つきなり話は端折り茶を注ぎやる

(またおなじ ことをとなじる めつきなり はなしははしょり ちゃをそそぎやる

*

「前にも話したと思うが」などと始める。保険をかけるようなものだ。誰と何を語り合ったかの臨場感の記憶が怪しくなる。同じことを何度も言わねばならぬほど薄っぺらな人生ではない筈。身の内に沢山の挿話がある筈だ。同じエピソードを繰り返し語るのも勿体ないこと。

*

Feeling his critical eyes as much as to say my harping on the same string, immediately stop talking and make tea for him

*

*

もはや身にかかはり薄き世に在りてパソコンに読むは各紙の社説

もはやみに かかわりうすき よにありて パソコンによむは かくしのしゃせつ)

*

「最後まで残れる欲は知識欲…」と詠んだ歌人がいた。年寄りは物を知りたがる。もはや勉強しても何の役にも立つまいと思うが。物知りぶりをひけらかすことに愉悦を得る。まして今やネット時代だ。知りたいことが安直に分かる。かつての長屋のご隠居さんが増殖中である。

*

Every morning, read the editorials of major papers on the Internet, while the society has nothing more to do with me

*

*

政権の交代に沸く世となるも庭師はけふの松にかかれり

(せいけんの こうたいにわく よとなるも にわしはきょうの まつにかかれり

*

人は物を食わねば生きられぬ。食う物を得るには働かねばならぬ。世の中がどう変わろうともである。行列を作って、せっせと働いている蟻を見るとまさしくそう思う。人間は食い物の足しにもならぬ世間のことに一喜一憂する。いつから、こんな余裕を持つてしまったのか。

*

While the outer world is still excited by the change of power, the tree doctor starts today's work to pollard the pine

*

*

十年後のヒロシマ五輪の是非を問はれ余命はかなき吾も物言ふ

じゅうねんごの ひろしまごりんの ぜひをとわれ よめいはかなき われもものいう)

*

何年後にオリンピックを。何十年後のリニア新幹線開通。本来、こう言った話題に首を突っ込めるのか。そんな先まで生きている自信はない筈。なのに、真面目に意見を言う。その場に居合わすことを当然として物を言う。「君らの時代だ、どうぞご勝手に」とは言わない。

*

Asked the rights and wrongs Hiroshima's willingness hosting 2020 Olympics, answer with a definite yes, having not that much time though

*

*

歯も顎もなほすこやけし秋刀魚二尾けふも丸ごと食ひ尽くしたり

(はもあごも なおすこやけし さんまにび きょうもまるごと くいつくしたり

*

魚を上手に食べる奴。器用な箸さばき。感心する。羨ましく思う。戦中戦後の食糧難の時期に育った身。食える物なら、頭も骨も尻尾も、噛み砕いて胃に入れた。爾来、大方の魚は丸ごと食べている。学校給食で魚の食べ方を教えているらしい。そんな機会もなかったわが身。

*

Still having a strong jaw and healthy teeth, eat out two pieces of in-season saury bones and all tonight

*

*

タワービル大き器の底に穴ゆふべ人らを四方に散らせり

(タワービル おおきうつわの そこにあな ゆうべひとらを よもにちらせり

*

エレベーターが着くたびに放出される一群。暫くはそのままの塊でビルの出口へ。別のエレベーターが着き、次の一群が。この脈流はそのまま屋外まで続く。高層ビルで働く数千人が吐き出される夕刻。交差点をいくつか過ぎて、ようやくこの脈流から解放され、赤提灯の店に。

*

The skyscraper, a huge barrel having holes in its bottom, now leaks homecoming people in all directions

*

*

生きてあればかくささやかな約束も交して久しき駅に降り立つ

(いきてあらば かくささやかな やくそくも かわしてひさしき えきにおりたつ

*

十数年ぶりに降りる駅。かつて頻繁に利用した駅だ。昔の面影はない。人と落ち合ういささかの約束をしたことで、この変貌ぶりを見ることに。世間との関わりの薄れてゆく身。思わぬインパクトだ。世の中が進んでゆくことに安堵する。たまには約束を交わして、外出も結構。

*

As long as life would last, make such a little appointment and get to the old station after a long interval

*

*

行く末に約束の地のあるがごと待ちゐてくれよと妻を送りぬ

(ゆくすえに やくそくのちの あるがごと まちいてくれよと つまをおくりぬ

*

人は誰もが死ぬ。例外はない。それが後に続くものにいささかの安堵感を与える。先行した連中が待ってくれている。本当にそうなのかは分からぬ。が、そうであれば楽しかろう。信心深い人なら、これを確信している筈。先行した連中。みんな死後の世界について考えた筈だ。

*

As if there were the pre-arranged spot for two of us down the road, tell my dying wife to wait for me

*

*

三十歳までの約束とうに果て子は独り身をプールに浮かす

(さんじゅっさい までのやくそく とうにはて こはひとりみを プールにうかす

*

高望みはしないが、せめて世間並みに。大方の親がそう思う。願い通りには進まぬ。月日が経つ。すると親は次善の景を夢見る。更に月日が経つ。とうとう親もくたびれて、次善も次々善の夢も見なくなる。成るように成るさと無責任をしきりに言い出す。そう言いながらも…。

*

With his promise "by the time thirty years old" broken long ago, my son floats his bachelor's body in the swim pool

*

*

老いる身は介護するとて子の覚悟そんな約束は御免かうむる

(おいるみは かいごするとて このかくご そんなやくそくは ごめんこうむる

*

人に厄介になるのは苦痛だ。ことに身体の衰えでそうなるなどは想像したくない。願わくば、ぽっくりと往生したい。思い通りにゆかねば、やはり人の世話になることになる。自分もそんな親の世話に拘わった。順送りと言えば、それまでだが、うまいこと幕を引きたいものだ。

*

My son, it's my unwanted favor that you would make up your mind to look after your father growing old

*

*

約束はいつでも無下に破るもの国益コクエキと奴らうそぶく

(やくそくは いつでもむげに やぶるもの こくえきこくえきと やつらうそぶく

*

人は自らのために生きる。そして、誰かのためにも働く。家族のため、地域のため、国のため。この「誰か」が自分から遠い存在であればあるほど、犠牲を払う意義の自覚も薄くなる。「国益」などと叫ばれると、抵抗感さえ覚えてしまう。叫ぶ者には人徳と説得力が必要だ。

*

Campaign pledges, they're ones to be broken so easily by politicians repeatedly insisting on national interests

*

*

さびしさの身にふつふつと電飾の師走の街の群れに混じれる

(さびしさの みにふつふつと でんしょくの しはすのまちの むれにまじれる

*

よく言われる。イルミネーションに人は惹かれる。ことに心淋しいものたちはあてもなく街をぶらつく。受験に失敗した時、家にごたごたがある時、街中の雑踏にもまれて、身の鬱憤を洗い流したい心地になる。老いて今、さしたる鬱憤も持たぬ身が。何故、かく歩き回るのか。

*

With loneliness bubbling in my heart, ramble about the illuminated streets in December, mixed with people being in a bustle

*

*

独り居の身のさびしさに春を待つこころ隠さず着膨れてをり

(ひとりいの みのさびしさに はるをまつ こころかくさず きぶくれており

*

着膨れの姿。裸では生きられぬ世界。宇宙服を纏って立つ図だ。衣服や住居や火。それらが無ければ季節を越えて温帯や寒冷地に定住は出来ぬ。獣のように毛むくじゃらになるか、渡り鳥の如く季節を旅せねばならぬ。宇宙服から首だけ出して、春を待ち焦がれつつ、そう思う。

*

Living alone in a large house, the solitary recluse wears a lot of clothes with eager anticipation for spring

*

*

さて今日は何せむものかうつらつら寝床に四肢はいまだ覚めざり

(さてきょうは なにせむものか うつらつら ねどこにししは いまださめざり

*

誰でもこうなるのか。脳味噌が「さあ」と促しても、身体がついて来ない。暫く坐ったままでいると、歩き出しても、固まった下半身がほぐれるまでに時間がかかる。エンジンをかけて数分間のアイドリングが必用だった昔の自動車だ。この身の起動時間。まだまだ伸びそうだ。

*

What kind of jobs should be done today? With that question, doze in bed while my four limbs are still unawakened

*

*

カポックを部屋のぬくみに迎へ入れけふよりいのち寄り合ふ蟄居

(カポックを へやのぬくみに むかえいれ きょうよりいのち よりあうちっきょ

*

猫でもよい。生きているものが近くに居るだけで、何となく心強く感じる。「猫でも」と言ったが、これがゴキブリでは困る。心強さも安堵感も生じぬ。別に猫と会話が出来るわけでもないが、ゴキブリは嫌だ。さて、彼らの方だが、同様に独り居の淋しさを感じるものなのか。

*

Welcoming the kapok tree into the warm den, from today on, we'll stay here beside each other life until next spring

*

*

ボディシャンプーまた贈らるる老いの身に馴染まぬままに数を増しゆく

(ボディシャンプー またおくらるる おいのみに なじまぬままに かずをましゆく

*

長く使い馴染んだもの。今風のものには馴染めぬ。手足の指の爪切り。相変わらず、大きな裁ち鋏を使っている。年寄りはみなこうかと思うと、そうでもない。初物にすぐ飛びつく者もいる。家電の新製品もすぐに買う。「生きている間に楽しまねば」などとうそぶきながら。

*

Receive "Body Shampoo" again as seasonal gift, which increases its number on the shelf as they don't fit to the elderly like me

*

*

かぼそかるわが血脈に未来あり年玉にをさな笑みゐる見れば

(かぼそかる わがけちみゃくに みらいあり としだまにおさな えみいるみれば

*

地球の寿命。膨張する太陽に呑み込まれる未来。天文学的時間ではそんなに遠い先ではない。地球上の生命は、その未来がどうであれ、命を繋ぐ営みを黙々と続ける。ことに人間は、自らの子孫の繁栄を願う。本能のなせる業だ。滅亡する地球と知っても、やはり飯は食うのだ。

*

While with a smile, my grandson takes New Year's handsel, confirm there'll be the future for sure in my blood

*

*

元日ををさなと遊ぶ妻ありてささやかな幸部屋に満ちゐき

(がんじつを をさなとあそぶ つまありて ささやかなさち へやにみちいき

*

幸せのかたちは時を経て見えるもの。渦中にある時にはそれほどの自覚はない。グッド・オールド・デーズなどと、人はよく口にする。艱難辛苦に耐えていた頃でさえ、良き時代と懐かしむ。当時の悩みや苦悩の影のみが、思い起こすたびに、朧になり、濾し取られてゆく。

*

Some years back, on New Year Day, this room was filled with a certain happiness with my wife amusing her grandchildren

*

*

餅みかんをさなも妻も揃ひゐき夜半におもひをりひとり炬燵に

(もちみかん おさなもつまも そろいいき よわにおもいをり ひとりこたつに

*

人生ゲームである。教育を受け、社会人になる。妻ができ、子ができ、家を建てる。炬燵があり、蜜柑と餅も置かれ、一家団欒が。そして、定年となる。子らは巣立ち、寡夫となる。炬燵の上の蜜柑も餅も消える。揃っていたものが次々消えてゆく。思い出だけ鮮明に残して。

*

Rice cake, orange, grandchildren and my wife, all were here at home, now pernoctate alone warming myself in a kotatsu

*

*

焚火いまや許されぬ世にけふは匂ふ神社にけぶる左義長の火の

(たきびいまや ゆるされぬよに きょうはにおう じんじゃにけぶる さぎちょうのひの

*

「♪たきびだ たきびだ おちばたき…」。今の子供たちには実感の涌かぬ童謡。庭での焚き火は何十年もしてない。煙や臭いが近所迷惑とのこと。落葉焚きと焼芋の連想も過去のもの。川原のバーベキューが代りに現代の景となった。マッチを知らぬ子供も多くなったそうだ。

*

Although it's forbidden to make even a small wood fire in the community, today, smell the smoke of the ritual bonfire at a nearby shrine

*

*

世の不況なほ深まるも新しき年を始むる朝の靴音

(よのふきょう なおふかまるも あたらしき としをはじむる あさのくつおと

*

景気の良さの実感。そんなものを感じつつ仕事をした記憶はない。いつも、不景気だ、不況だと騒ぎながらやってきた。たしかに、後になって見れば、良い時期、かなり良い時期とされるものもある。大方は、こうして生涯を終える。新しき年、新しき朝が始る幸せさえあれば。

*

Now the new business year starts with commuters' footsteps in the morning, while the economic downturn deepens further in the society

*

*

信長の末裔いまし靴紐の切れし不運を下天になげく

(のぶながの まつえいいまし くつひもの きれしふうんを げてんになげく

*

フィギュアスケートの花形選手。ここ一番の競技中に靴紐が切れた。戦国武将の末裔とされる男。四百年前を生きた強烈な人物像。多くの物語で誰もが知る。その末裔と囃される時、当人の気分はいかなるものか。人にはみな先祖がある。何某の末裔としてこの世にあるのだが。

*

Having one of his bootlaces broken, the scion of Oda Nobunaga now deplores his misfortune in the lower world

*

*

けさ供ふる水のぬくみに思はるる菩提寺の庭をかこむ下萌え

(けさそなうる みずのぬくみに おもわるる ぼだいじのにわを かこむしたもえ

*

奥つ城とは墓地のこと。この「おくつき」の語感に何故か親しみを覚える。不案内な落ち着き先へ向かう心細さを和らげてくれる。確固たる来世のイメージも心に描けぬ身だが、みんなと同じ途上にある。自分だけ仲間はずれでない安堵感。この世でのみ感じる安堵感なのだが。

*

As water for the altar is not so cold this morning, think of the garden of our family temple back homestarting slowly to be grassed

*

*

くじ番号たしかめられて年賀状は用済みとなりしがらみの束

(くじばんごう たしかめられて ねんがじょうは ようずみとなり しがらみのたば

*

幼稚園の友達からの年賀状。家族以外に、幼子にかけられた最初のしがらみ。それを手に、本人は嬉しそう。こちらは人生のピークを過ぎ、かけられたしがらみが、年を追って、一つまた一つと外されてゆく。しかも余す多くが朽ちかけていて用を成さない。寂しいことである。

*

Having their lucky numbers confirmed, the new year cards are no longer in use, being set aside as the bundle of protracted ties

*

*

職引きてより音信のなきままのあまた仲間の名を数へ上ぐ

(しょくひきて よりおんしんの なきままの あまたなかまの なをかぞえあぐ

*

長い人生。「袖振り合うも」の縁でいくばくの知己を得た。その折々に豊かな交流もあった。だが、それも大方は細り、やがて消えた。「ゆく舟の跡の白波」の如く、一時の喧騒だった。時には、彼らと関わったイベントの記憶を掘り起こすことだ。時間に余裕の出来た今では。

*

Count out number of those names of my old colleagues having been out of touch since my retirement from the workplace

*

*

ストレスを投げ捨てながらオートバイ大学通りを音たかくゆく

(ストレスを なげすてながら オートバイ だいがくどおりをおとたかくゆく

*

オートバイがゆく。辺りを揺るがす大音響。聞く者はみな嫌な気分になる。音をたてている当人は爽快な気分なのだろう。周囲に迷惑をかけていることが愉快なのではなかろう。振り返って自分。へまをやらかした時、「こん畜生」と絶叫する。周囲に人がいなければであるが。

*

As if it was dumping the stress on the streets, the autobike now runs further noisily into the university avenue

*

*

橋の上に斎場へのみち問はれをり川向うより夕映えのして

(はしのうえに さいじょうへのみち とわれをり かわむこうより ゆうばえのして

*

滅多にないこと。年寄りの散歩の道すがら、人にものを尋ねられるなど。何か嬉しい気分になる。もはや人の役に立つことなどあるまいと、心のどこかで思っているのだろう。以前、ドイツを旅していたとき、この東洋人に道を聞く奴がいた。それでもどこか良い気分であった。

*

Being asked on the bridge how to go to the memorial, look hard at the setting sun shining on the surface of the river

*

*

歩道橋の高みに立てばはるか見ゆ夕焼をよぎるアルミの電車

(ほどうきょうの たかみにたてば はるかみゆ ゆやけをよぎる アルミのでんしゃ

*

近頃の郊外電車。ステンレスやアルミの金属地肌の車両が多い。塗装などのメンテナンスが軽減されるからか。この間、赤、青、黄などカラフルな車両も走り回る。だが、かつては、鉄道車両は黒褐色と決まっていた。権威ある雄姿だ。まさに鉄道は庶民を睥睨する権威だった。

*

Standing at the top of the footbridge, get a distant view of an aluminum train just cutting across the setting sun

*

*

五〇〇系さよなら運転を撮らむとて草萌え出でし土手に身構ふ

(ごひゃっけい さよならうんてんを とらんとて くさもえいでし どてにみがまう

*

春は夢見の季節。鉄道ファンの身であれば、鉄道車両がよく夢に出てくる。それが、不思議とモダンな車両である。カワセミの嘴と呼ばれた五〇〇系の先頭車やドイツDBの重厚な流線型機関車など。わが身は坐り心地のよいシートに坐っている。SLなどは滅多に出てこない。

*

Trying to take the picture of Type-500 bullet train on its final duty, square up on the greenly grassed bank beside the track

*

*

信号を待つ間エンジンをバスは切り青きみ空を仰ぐしづけさ

(しんごうを まつまエンジンを バスはきり あおきみそらを あおぐしずけさ

*

十数秒を超える停車なら、エンジンを切る。温室ガス排出の軽減に寄与する。交差点の信号待ちの車の列。今ではアイドリングの騒音もなく静かだ。車には運転する人が一人ずつ坐っている。この数十秒間のしじま。前方の信号を見つめながら、それぞれは何を考えているのか。

*

As the bus turns off its engine waiting for a signal, quietness visits us for looking up the blue sky

*

*

いへびとのあまた寝息を聞きをりし頃の思はれひとり覚めゐる

(いえびとの あまたねいきを ききをりし ころのおもわれ ひとりさめいる

*

人の寝息は聞くものに平穏をもたらす。ことに家族のそれには言い知れぬ安堵感を覚える。憎たらしく駄々をこねた子。激しく言い争った妻。すやすやと立てる寝息がくすぶっていた怒りを洗い流してくれる。信じきっている無防備。ペットの寝息にさえ信じられている喜びが。

*

Wake alone in the room which was once filled with breaths of different kinds taken by those sleeping members of my family

*

*

蝦夷菊の種子の袋を耳元に振りつつ思ふとほきちちはは

(えぞぎくの たねのふくろを みみもとに ふりつつおもう とおきちちはは

*

食糧難の時代。食べられる物なら何でも食べた。家の空地に育てた薩摩芋や里芋など。その蔓や茎も料理した。南瓜の種は勿論、食える雑草も殆ど食った。そんな中、美味かったのは菊の葉っぱの天ぷらだった。今でも、菊を見れば、花の観賞より先に、あの天ぷらの味が蘇る。

*

Shaking an envelope containing the seed of aster at my ear, think of those days back home with my father and mother

*

*

「存じます」などの敬語は口にせぬまま定年となりし技術屋

(ぞんじます などのけいごは くちにせぬ ままていねんと なりしぎじゅつや

*

現役を引退した連中。地域のサークルなどに参加する彼ら。その物言いにはそれぞれの過去の匂いがある。営業畑で活躍してきた者の如才ない話しぶり。教師は教師らしく、重役もそれらしい物言いをする。技術屋だった多くはやはり口が重い。もはや変わりようのない連中だ。

*

Without having any opportunity in his active life to use respect language such as "sir", the engineer retires quietly today

*

*

若き日の破れし恋をふと思ふ妻ゆきてはや四年目の春

(わかきひの やぶれしこいを ふとおもう つまゆきてはや よねんめのはる

*

人は誰しもロマンスの記憶を持つ。恋愛遍歴の華やかだった者はその数を思い、経験の乏しかった者はその深みを増して思う。ことに季節が春となればだ。命を持つ万物が受け継いでいる本来の性である。年老いてなお、その輝きの昔を懐かしみ、妄想を楽しむ春を迎えている。

*

It's time to remember the lost love in the early years of my life, as the fourth spring has come since my wife's deatht

*

*

独り身となれば詮なし遠き日に別れし人のときに浮かぶも

(ひとりみと なればせんなし とおきひに わかれしひとの ときにうかぶも

*

脳味噌は不思議だ。何十年も昔のシーンをありありと再現する。妙なことに、苦痛の思い出は薄れ、そんな場に居合わせ得たことを有難いとさえ思う。かつては忘れてしまいたかったシーンも、年を経れば懐かしい記憶となる。年寄りは膨大な記憶の海を漂いながら生きている。

*

People can't accuse me, now a widower, of remembering occasionally those ex-lovers in long-ago days, of remote antiquity

*

*

ひとり世にのこされし身ぞ悩ましき火影に寄るもきみよ咎むな

(ひとりよに のこされしみぞ なやましき ほかげによるも きみよとがむな

*

ネオン輝く歓楽街。かつては社用族として、接待をしたりされたりしながら、折にふれ、こういう場所を訪れた。度重なれば、顔見知りのホステスも出来る。先方は商売だからちやほやしてもくれる。畢竟、居心地が良い。とは言え、寄る辺となる我が家があればこそだが。

*

As you left me alone in this world, you couldn't reprehend my conduct looking in at such fascinating illuminations

*

*

今生になほ出会ふべきひとありや落花あびゐるこの心地よさ

(こんじょうに なおであうべき ひとありや らっかあびいる このここちよさ

*

満開の桜並木。その下をひとり行く時、何か異次元の世界に踏み込んだ気になる。さまざまのことを思い出させる過去の人々に囲まれている気がする。もう十分に、この世で会うべき人、巡り合うべき人達とは結ばれた筈。あの世と呼ばれる己が行方にも既に大勢の先達が待つ。

*

Still, there should be one who meets with me in this world, feel good standing under the falling of cherry blossoms

*

*

風薫る町に入り来ぬ何となく気になるひとの世にゐてうれし

(かぜかおる まちにいりきぬ なんとなく きになるひとの よにいてうれし

*

社会心理学は他者の存在を意識することで生じる心の動きに注目する学問。人の心に最初に住み着く他者は母親。その後の人生で、あまたの他者を心に宿すことになる。既に世を去った他者も抱える。思い起こしてほのぼのとする者もいるが虫唾が走る奴も。心理学は面白い。

*

Coming into the town with spring breeze, feel happy there's still somebody who somehow attracts me in this world

*

*

職引きしよりは芭蕉の五十句を諳んじながら日々あゆむ身に

(しょくひきし よりはばしょうの ごじゅっくを そらんじながら ひびあゆむみに

*

仕事をやめれば、脳味噌の使い道に余裕ができる。その余裕をそのままにして置いては勿体ない。使わねば、澱も溜まれば錆も涌く。抽斗が空なら、何かを詰め込んでみよう。歌を覚える。俳句を覚える。色々と記憶する。そして暗唱だ。抽斗を順に開けながら中身を確かめる。

*

Having retired, live out my days with such walkies to repeat those fifty poems from memory of Basho's anthology

*

*

焼酎に檸檬かをらせサルトルを君の下宿に語り明かしき

(しょうちゅうに レモンかおらせ サルトルを きみのげしゅくに かたりあかしき

*

年頃になる。小理屈を並べられるようになる。議論が面白くなる。本を読む。簡単にかぶれる。生半可な知恵を得て、また議論が楽しくなる。そうこうするうちに、自分の中の自分がまとまってゆく。話に自分のカラーが出るようになる。そしていつか辛気臭い議論にも飽きる。

*

There was such a day; we talked about Sartre all through the night in your room, drinking shochu savoring a lemon

*

*

天翔るたしかな心地このあたり北極点と聞けば見下ろす

(あまかける たしかなここち このあたり ほっきょくてんと きけばみおろす

*

勉強机の上に地球儀があった。北極点はその回転軸の頂点。まさに地の果て。その上空を飛んでいるのだ。かくも容易に来られるとは。見下ろせば、そこはただ一面の雪原。その冷気に触れることもなく、その感傷を深める暇もなしに、時速千キロで、飛行機は上空を通過する。

*

Getting it through my head that we're really flying, stare down into the ice field far below being told the north pole is about here

*

*

しばらくはここに住む身ぞこの国の人の顔して下宿いま出づ

(しばらくは ここにすむみぞ このくにの ひとのかおして げしゅくいまいず

*

周囲に馴染むのに時間はかからぬ。猫でも一匹で多数の犬との集団生活を余儀なくされれば、いつか自分が猫であることも忘れてしまうだろう。異国の下宿暮らしも一週間、二週間と過ぎれば、たちまち日常となる。難なく、「郷に入れば郷に」の自分に驚き苦笑するばかり。

*

Persuading myself living for a while in this land, leave the apartment this morning performing as one of the local commuters

*

*

ライン橋わたる人らの早足に交じり今朝より通ふオフイス

(ラインきょう わたるひとらの はやあしに まじりけさより かようオフイス

*

朝の出勤風景。異国にあっても同様だ。人々はみな早足で職場に向かう。今日からおいらもこの連中に混じって出勤だ。周囲の人々の歩み。長い脚をまっすぐ伸ばして、さっそうと闊歩する。その中を、猫背のおいらの短足が、膝を曲げて、せかせかと歩く。どうも風が悪い。

*

Being mixed with the local commuters going at a good clip on the Rhein bridge, start this morning going to the office

*

*

事務机はやあてがはれこの国の言葉も使ふ仕事はじむる

(じむづくえ はやあてがわれ このくにの ことばもつかう しごとはじむる

*

棟割長屋の貧乏暮らし。卓袱台か蜜柑箱が勉強机だ。遊びに行った先で、友達が自分専用の机を持っている。地球儀があり、本立てに本が並んでいる。羨ましかった。それが、世に出てからは、否応なしに、机が相棒だ。そこが自分の城。今や、そこに坐る時間が日々長くなる。

*

Already given an office desk, start working here using occasionally the local language

*

*

職場いま珈琲ブレーク独逸語の世間話にただ笑みかへす

(しょくばいま コーヒーブレーク ドイツごの せけんばなしに ただえみかえす

*

立話、茶飲み話。気の置けない仲間とする世間話。まさに職場での息抜きだ。大方が八時前から働き出すこの国のオフイス。九時過ぎの休憩は半時間にも及ぶ。テーブルにはクロワッサンも積まれている。話題は豊富だ。男も女も饒舌だ。これが仕事では見事な集中力を見せる。

*

A coffee break goes on at the office, colleagues are chitchatting in the local language, joined by me only with a smile

*

*

首すぢのたしかな気配わが肩に死神を負ふ夏のゆふぐれ

(くびすじの たしかなけはい わがかたに しにがみをおう なつのゆうぐれ

*

気配を感じて振り向く。誰かが自分を見つめている。よく経験することだ。テレパシーは存在するようだ。人間の脳波は微弱ながら体外に放出されているとさえ言われる。虚空に漲っている人々の脳波。波長が合えば受信することにも。人の怨念や執念が飛び込んでくることも。

*

At sundown in summer, feel the exhaled air for sure around my neck, must have now given Death a piggyback

*

*

掃き寄せて夏落葉あまたこの庭につとめを終へしものをいたはる

(はきよせて なつおちばあまた このにわに つとめをおえし ものをいたわる

*

常緑樹が衣更えをする。この夏落葉を掃き集め、始末をするのも一仕事だ。定年となり、日がな一日、家に居る身。季節という自然と触れ合う仕事。何となく労られている感覚さえ持つ。こうしている自分と、会社でのかつての自分を思い比べると、おのずから笑みがこぼれる。

*

Sweeping together a bulk of the early summer fallen leaves, appreciate their past contribution made to our garden

*

*

葉桜の小径をゆくに花びらのどこより来しやわが頬を打つ

(はざくらの こみちをゆくに はなびらの どこよりこしや わがほほをうつ

*

すっかり葉桜となった小径。一片の花びらが舞い降りてくる。見上げても、花の影など一向に見えぬ。ふと、異界からの便りかと思う。異次元の世界の存在を唱える物理学者がいる。そこは鬼籍かも知れぬ。あまたの先達がそこには。中にはこの世に信号を送るものもいるかも。

*

Where from it came, a flower petal hit me on the cheek, while walking under the canopy of cherry trees dressed completely in new leaves

*

*

街路樹に青葉若葉のととのひて雨後の日差しにはやもつやめく

(がいろじゅに あおばわかばの ととのいて うごのひざしに はやもつやめく

*

梅雨の晴れ間のひととき。雨に洗われた木々の青葉若葉が美しい。まさに賛美歌にある「あまねく世をぞうるおして、くみていのちにかえりけり」を思う。身の内に新たな力が涌いてくる気分になる。詩が生まれ、歌が生まれ、句が生まれそうだ。新緑のもつ効用なのだろうか。

*

Those trees lining the street are now all with young and green leaves shining already in the sun after a rain

*

*

良質の保守を望むと君が言ふ青葉若葉に頬を火照らせ

(りょうしつの ほしゅをのぞむと きみがいう あおばわかばに ほほをほてらせ

*

保守的な思考をする若者が増えているらしい。日々の暮らしに差し迫る不安がないのだ。だが、貧富の格差は増大している。世の中に歪があるのは確かだ。「良質な保守」がそれを是正できるのか。世間をひっくり返すような革命。革命が右の方を向いていることに気づくかな。

*

The man says he wishes a high-quality conservatism here, with his cheeks reflecting the shining green leaves in the sun

*

*

大暑けふ蝉の鳴きやむ真昼間の庭石よぎり一匹の蟻

(たいしょきょう せみのなきやむ まひるまの にわいしよぎり いっぴきのあり

*

人は歩きながら考える。蟻はどうなのだろう。観察するに、目標に向かって脇目も振らずに歩いている。学説によれば、人間だけが未来を考えるそうである。つまり、明日を憂うのである。蟻は生物本来の摂理に従って今を生きている。人はどうにもならぬ将来を思いつつ歩く。

*

One of the hottest days today in high summer, an ant crawls across the noontime garden rock while all cicadas have stopped singing

*

*

雨靴はつひに破れしか漏る水に疎開児たりし日をなつかしむ

(あまぐつは ついにやれしか もるみずに そかいじたりし ひをなつかしむ 

*

小学三年の疎開児童。温泉町の川原での体操。履いているズックはゴム製。このゴム靴は品質が悪く、すぐ破れる。ゴム糊でべたべたとつぎが当てられている。子供たちはみんな痩せている。ひもじい日々の集団生活。誰もが同様にひもじいのだ。格差などない。いじめもない。

*

Having finally holes in my rain boots, the leakage reminds me of those days staying as a child evacuee in the countryside

*

*

みやしろの御蔵ひらかれ山車はいま梅雨なほ残る世に引き出さる

(みやしろの みくらひらかれ だしはいま つゆなおのこる よにひきださる

*

さびしいことだ。氏神様の夏祭に来ても、往年のたかぶりを覚えない。賑わいの中にいて臨場感がないのだ。寺山修司の歌の「…誰をさがしにくる村祭」の感覚がぴったり。祭だけではない。世の中全体が自分と関わりなく動き出している。すでに異界からのまなざしになった。

*

The holy float has now been pulled out from the shrine's carriage house into the open air still in the monsoon

*

*

町内の知らぬ人の死告げらるる回覧板にわが印を押す

(ちょうないの しらぬひとのし つげらるる かいらんばんに わがいんをおす

*

「♪…回して頂戴回覧板」は歌曲「隣組」の一節。戦時中の歌。幼少時代の長屋の雰囲気を思い起こす。隣近所との交流が濃密だったあの頃。「♪助けられたり助けたり」は鬱陶しくもあった。町内会は今でもある。隣近所には関心もなく、お節介も無用という連中の集まりに。

*

Put my seal on the circular letter telling the death of a person unknown to me in the community

*

*

身の内にわれを詰る吾かかへをり冷房つよき夜半の電車に

(みのうちに われをなじるわれ かかえをり れいぼうつよき よわのでんしゃに

*

帰りの電車はその日のあれこれを思う場だ。言わなくてもいいことを口にした。早まった決断だった。などと反省する。身の至らなさを思う。こう自分を分析する心の中のお前よ。今になってではなく、あの時に動いてくれよ。ならば、頭を垂れて、吊革につかまることもない。

*

Inside my body, there's another guy criticizing me on the late-night train too coolly air-conditioned

*

*

人を見る目にいささかのゆとり出で麦酒のうまし夏のゆふぐれ

(ひとをみる めにいささかの ゆとりいでビールのうまし なつのゆうぐれ

*

敵か味方か。印象から本能的に判断する。早合点することもある。第一印象の悪さが消えて、相性の良さを知ることにもなる。人物判断の難しさを学んできた。今日では、ゆったり構えて人を見る。すると、それほど嫌な奴は周囲に居らぬ。「老年的超越」に近づいているのか。

*

My eyes to judge a person have become a little bit tolerant, the beer tastes good on a summer evening

*

*

戦争をしてはならぬと老いが言ふされどそなへは忘るるなとも

(せんそうを してはならぬと おいがいう されどそなえは わするるなとも

*

戦時下の記憶はなお鮮明。「いくさはいかん」は口癖のように出る。この国に戦争のない時代が七十年余もつづく。「いくさはいかん」といいながら、自身の言葉に迫力が欠けつつあることに気付く。国の誇りとか尊厳などと世間が言い、それを守るためにはと威勢も良くなる。

*

An old man says you shouldn't make war against anybody, but he also says "Don't forget to be prepared for it"

*

*

喉越しの昭和の味覚けふもまた安値の卵バナナ買ひ来る

(のどごしの しょうわのみかく きょうもまたやすねのたまご バナナかいくる

*

育ち盛りは戦中戦後の食糧難。卵もバナナも滅多にお目にかからぬ代物だった。ことに卵は、今や物価の優等生と言われる。欲しければ、日に何個でも食べられる。あまり食べ過ぎると健康に良くないとまで言われる。かつての病気見舞いの定番のバナナも、見向きもされない。

*

When those foods go down, they taste like Showa, today again, take away a bunch of bananas and eggs sold at a popular price

*

*

いくさの世おもへば遠しわが高きコレステロール値を恥ぢ入りて聞く

(いくさのよ おもえばとおし わがたかき コレステロール値を はぢいりてきく

*

年毎の健康診断。標準値に比べて、あれが高いこれが低いと聞かされる。みな神妙に聞く。普段の摂生の効果を知る。中には「どこも悪くない」と言われる年寄りも。誇らしげに、それを自慢する奴ら。彼らをそれほど羨ましいとも思わぬ。余す線路がどこまでも続く訳がない。

*

Considering the wartime being in times long past, hear shamefacedly the report of my high cholesterol count

*

*

一座みなほこるがに言へり心臓に前立腺にやまひ持てるを

(いちざみな ほこるがにいえり しんぞうに ぜんりつせんに やまいもてるを

*

同病相哀れむとよく言う。仲間がいることに安堵と心強さを覚えるのだ。この気持ちは、同じ逆協にある時に強く感じられる。同じ幸せにある時よりもだ。また、相哀れむ同病にあっても、ついつい、その軽重を比べて、自分がいくらかはましであれば、それを嬉しく思うのだ。

*

Each and every fellow here attending a get-together crow about problems with their hearts and prostates

*

*

人物評わが身に及び一座いまジョッキ新たにあらたな話題

(じんぶつひょう わがみにおよび いちざいま ジョッキあらたに あらたなわだい

*

酒席の団欒が進み、「ところで君は」と、お鉢が回ってくる。やれやれと思う。そこへ追加のジョッキが運ばれて来る。それを機に、話題が変わりほっとする。居合わせぬ者の噂話には、みな気楽に加わり饒舌だ。大方は批判や揶揄や中傷。当人に聞かせたい人物評が語られる。

*

Coming to time for the gathering to profile my personality, the next round of jugs of beer have arrived for another subject

*

*

うながされ地デジテレビをそなふれば鮮明に映るは世の悪しきこと

(うながされ ちデジテレビを そなうれば せんめいにうつるは よのあしきこと

*

視力の落ちた年寄りだ。解像度などにはさほど興味はない。放送の仕組みが変更され、地デジテレビなるものを買わされた。新たな技術の集積で画像はいたく鮮明になった。問題はコンテンツである。何だか番組の多くがつまらなくなった。無用の長物を手に入れてしまったか。

*

As strongly recommended, bought finally a digital TV set which, however, shows clearly those undesirable affairs in the society

*

*

驟雨一過この涼しさの身にしめば酷暑の夏をはや惜しみをり

(しゅうういっか このすずしさの みにしめば こくしょのなつを はやおしみおり

*

今を憂い過去を懐かしむ。人の世の常である。酷暑の夏には冬の寒さをまだ増しと言い、厳寒の冬にあっては夏の暑さを懐かしむ。空襲を逃げ回った戦時、集団疎開に追いやられた幼少時、戦後の食糧難と貧困。その苦難の過去にさえ、僅かにあった愉悦の場面を懐かしむのだ。

*

As the cold suddenly pierces me to the bone after a passing shower, already start missing the waygoing hot season

*

*

わが背後あゆむ少女ら笑ひ合ふどこやらに付けまつげ忘ると

(わがはいご あゆむしょうじょら わらいあう どこやらにつけ まつげわすると

*

街を歩いている時。電車の吊革にぼんやり掴まっている時。他人の会話がふと耳に入る。よそながらその内容に、思わず噴き出しそうになるときも。じっと怺えて知らぬ顔をしている。逆に、声高に話す自分と連れとの会話。ときに意識して周囲に聞かせていることさえある。

*

Girls walking just behind me laughingly talk about the false eyelashes one of them has left in a powder room somewhere

*

*

小銭入れのみ持つ日々の歩みなりマネキンはけふ冬の装ひ

(こぜにいれのみもつひびの あゆみなり マネキンはきょう ふゆのよそおい

*

どうも年毎に「いらち」な性格に。税金なども通知書が届けばすぐさま払う。期限までに一月もあるのに。近頃は「終活」なる流行語に煽られて、墓地を買ったり、葬式の予約や棺桶まで準備しかねない。いまだ初秋。街はジングルベルを鳴らし、マネキンは冬のオーバー姿に。

*

The everyday walk only with a coin purse in my pocket, hits today all mannequins seemingly to have changed into the winter clothing

*

*

老いるとはかかることにやわが脱ぎし靴下いまやにほひ放たず

(おいるとは かかることにや わがぬぎし くつしたいまや においはなたず

*

まさに枯死に向かいつつある。関わり薄くなった世間から声をかけられることもない。その分、世の不興を買うこともない。世間の役にも立たなければ、害毒も与えない。そう言えば、酷暑に流す汗。水のようで一向に臭わない。息も臭くない。頭垢も落ちない。爪も伸びない。

*

Is this the way people grow old? My stockings just pulled off don't smell these days

*

*

孤独死の記事を見しけふこの身なほ世にさらさむとかかる外出

(こどくしの きじをみしきょう このみなお よにさらさむと かかるがいしゅつ

*

哀れなことと世間は言う。独居老人の孤独死。死後いく日もして知られる。だが考えてみれば、人の死はみな孤独死だ。いくら周囲で大騒ぎをされようと、泣き喚かれようと、死ぬのはひとり本人。臨終の当人の感慨にさほどの相違はあるまい。先には大勢が待っていることだ。

*

Reading the story of an unattended death this morning, go out this-a-way in the afternoon to expose myself to the public

*

*

ぴつたりとしばし寄り添ひルミナリエ出づればいつもの距離の二人に

(ぴったりと しばしよりそい ルミナリエ いづればいつもの きょりのふたりに

*

人は他人から不自然に近づかれるのを嫌う。不快感や不安感を覚える。満員電車、雑踏、公園。それぞれに人々は互いの空間的距離をつくる。新婚時代にはぴったりとくっついて坐った電車のシート。年を経れば、他の乗客と同様に。別に仲たがいではなく、それが自然だのだ。

*

Snuggling up to my wife, went through the Kobe Luminarie: However,on leaving that site, here's an usual distance between us

*

*

子供部屋もつは夢とて育ちしにかかる屋敷の老いの独り居

(こどもべや もつはゆめとて そだちしに かかるやしきの おいのひとりい

*

家屋敷や車などを地位財というらしい。つまり世間に見せびらかすことで幸福感が得られるものだ。たしかに昔はそうだった。長屋暮らしの幼少時。子供部屋を持つ友達が羨ましかった。だが、世間がおしなべて豊かになった今。価値観も変った。そして手近な目標も失ったか。

*

While brought up as a child dreaming its private room, now live in solitude in a house too big for an old man

*

*

独り居のもの言はぬ日々あゆみゐて道問はるればかく饒舌に

(ひとりいの ものいわぬひび あゆみいて みちとわるれば かくじょうぜつに

*

ひょっとすると幾日も口をきかない。蛇か亀のように無言で生きているのだ。生きているから、顔も洗う。飯も食う。便所にもゆくし風呂にも入る。物は言わぬ。物を言う相手がいない。物心ついてから、幾十年も喋り続けてきた身だ。せめて、欠伸やくしゃみは大声でせねば。

*

Living in solitude, spend days without vocalizing, so become talkative this way when someone asks me for directions

*

*

めぐり来し掃除当番この町に住むしがらみに身をさらしをり

(めぐりこし そうじとうばん このまちに すむしがらみに みをさらしをり

*

隣近所との付き合い。どの家でも主婦の役割だった。核家族化と長寿社会の今の世となる。伴侶を失ったり、たまたま持たぬ男たちも増える。そんな連中も町内の決まりごとや行事に狩り出される。いかにも場違いの様で恥ずかしげだ。中には水を得た魚のように張り切る奴も。

*

Being my turn for the sweeping in the block, expose myself to the public following the regs as long as my live would last there

*

*

何もかも面倒くさくなる日々のいつかは来むと皿あらひをり

(なにもかも めんどうくさく なるひびの いつかはこむと さらあらいをり

*

思いもかけぬ病を得た人。対面する医師の神妙な顔。検査、検査また検査。そして手術。術後も検査また検査。ややこしい薬の服用が始る。ついに「もう面倒臭い」と言い出す。こんなに色々して生きるのも面倒と言い出す。分かる気がする。そろそろ日々の生活さえ面倒に。

*

Clean up the dishes thinking of such a day in future for me to feel tired of the whole business

*

*

亡き妻の実家よりなほも新米の届けば炊きて夕べそなふる

(なきつまの じっかよりなおも しんまいの とどけばたきて ゆうべそなうる

*

盆暮れの贈答品。現役時代には、それなりの付き合いもあり、そこそこ賑わったものだ。噂では、職務によっては、大層な付け届けが得られたらしい。生真面目にいちいち送り返す者。あるいは返礼をする者。だんまり受け取る輩。何れにしろ今は昔の遠い来し方の話なのだが。

*

The home of my late wife still delivers the rice of new crop, cook it this evening and offer a bowl on the family altar

*

**

長沢英治の近作

英治歌集「一年の憂さ」

★ 英治歌集「グッドオールドデーズ」

英治歌集「蹌踉として」

英輔歌集・上

英輔歌集・中

英輔歌集・下

★/Home - ホーム/★


★ 長澤英治 ★ 長沢英治 ★